特許の申請

弁護士に相談

自分で制作したオリジナル品は特許申請をすることが必要になりますが、その際には気をつける点があります。何に気を付けなければならないのかというと、特許権の範囲を広く設定することです。

Read More

業績をアップさせる

裁判で勝つ

会社の業績をアップさせるためには、様々な方法があります。その数多くの方法の中でもっとも得が大きい方法として挙げることができるのが、ストックオプションという内容です。あまり聞いたことがないかもしれませんが、実際は多くの企業で行われています。

Read More

ストレスを判断

難しい本

仕事をしていると、どうしてもストレスを感じてしまうものです。ストレスを感じているかどうかが自分では分からないというのであれば、ストレスチェックを受けることが最適です。ストレスチェックは従業員数が50人を超える会社では義務となっています。

Read More

特許を申請する

弁護事務所を紹介

自分の発明を特許申請し審査をパスすると、その発明は特許権という名の財産になります。現代、日本のような高度情報社会においては特許の重要性はますます増えています。特許権を持つとその発明が独占されそれを商品化することにより、利益を上げられるようになります。 特許申請はさほど難しいことではありません。出願書類は種類も書式も決められており特許印紙を貼って特許庁に提出します。願書提出から一年六か月後に公開特許公報で公開され、この公開によって他の人はその発明を真似することができなくなります。日本は先願優先権(先に出願した者が有効)をとっているので、公開されることにより公開以後に発明された同じ発明は審査に通らないことになっています。

特許などの知的財産権をとりたくても、お金に余裕がない人や中小企業は大変です。出願費用は出願料+出願審査請求料+登録料(一年から三年分)で約二十万円かかります。おいそれと出せる金額ではありません。ましてやサラリーマンやOL主婦や学生さんにとっては、あまりにも高額なものとなっています。このように高額になる特許申請に発明貧乏、出願貧乏という言葉まで生まれています。 プロの弁理士に特許申請を代行してもらうと出願から登録になるまで、軽く百万円はかかってしまいます。二十万円かけて特許権をとるか百万円かけて特許権をとるか安ければ安いほうがいいですよね、まあこういう状況の中でも会社内での発明とかお金に余裕がある場合はプロに頼んでもいいと思います

金融機関での利用

辞書で調べる

金融機関ではお金のやりとりを行なうことが可能なのですが、この時現金のやりとりを行なうのではありません。受取手形などを期間に持っていくことで、現金を受け取ることが可能です。手形割引などをしてくれる機関を選択することが大切です。

Read More

就職先への条件

法律相談所

就職活動を行なう際は、人によって就職先に様々な条件を持っています。この時もっとも重要視する方法として挙げることができるのは、福利厚生です。この待遇によって生活レベルが大きく変わってくるので、しっかり確認しましょう。

Read More