業績をアップさせる

裁判で勝つ

皆さんはストックオプションという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。聞きなれない言葉であると思いますが、一般の方が行う株の投資とは違い会社の経営向上のために有効な手段として使われています。 この仕組みは、初めに決められた安い価格で自分の会社の株を買う権利を与えて、時間が経った後に時価より約束したとおりにその値段で買ってもらうという仕組みです。これで、その時の株の価格が買った値段より安ければ買い手に利益が出ます。 なぜこのようなことをするのかというと、新しくできて間もない会社が必要とする人材を得るために高額の給料を出せない代わりにこの仕組みを利用することで未来に対しての報酬を約束して迎え入れることができるのです。

ストックオプションとは上記のような仕組みですが、貰い手側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 普通は会社からは固定の決まった報酬を貰うのが一般的ですが、このストックオプションでは株を安く買えるという不安定な報酬を貰います。この権利をいつ実行しても良いわけで、実行するタイミングによって受け取れる額は変わってきます。なので、自分で工夫して高いときに売らなければ意味がありません。逆にマイナスになってしまうこともあるかも知れません。 株についてきちんと勉強をして利益を安全の範囲内で最大にする工夫が必要なのです。結局は損をしようが株なので自己責任ですので、しっかりとしたタイミングで売ることがストックオプションでは大切です。