金融機関での利用

辞書で調べる

受取手形を金融機関に持って行くことによって現金化をすることができます。これを手形割引といいます。 手形割引をして受け取ることができる金額は、その手形の額面金額から手形割引手数料を控除した金額です。そのため、手形割引手数料は安い方が資金調達をする側にとっては助かります。 あくまで一般的な相場ですが、都市銀行では1.5%から3%程度、普通銀行、信用金庫となるにしたがって手数料は高くなり、信用組合では3%から5%強だと言われています。また、こういった金融機関以外の金融業者が手形の割引を受け入れる場合もありますが、そういうケースは一般的には手数料がもっと高くなる傾向があります。 手数料の相場は世の中の金利動向も反映されるので、以前と比較すると相場は少し下がったようです。

手形割引というのは、支払う約束の売掛金などの約束を割り引いて買ってもらうサービスです。 例えば、来月の支払いが約束されている手形があるとします。満額ではなく、その支払いまでの利息、またリスクなども考慮されて、割り引かれて、そして現金にしてもらうことができるサービスです。 銀行などがやっているものですが、ノンバンク系もやっているのです。手形割引というのは、手形の制度で出来たときから既にあるものです。それこそ、若干意味合いは違ってきますが、借用書の概念があれば、発生するサービスです。 当然ですが、日本でもしっかりと手形割引をしてくれる金融機関はいくらでもありますし、質屋などがやっているときもあります。手形割引はなんといっても現金化できるのかメリットです。