ストレスを判断

難しい本

日本では2014年の6月に労働安全衛生法が一部改定されストレスチェックを従業員が50人以上在籍している会社で行うことが義務付けられました。ストレスチェックとはいくつかの質問に答えることで自分がどれだけストレスを感じているか判断できるチェックリストです。 このストレスチェックについて知っておくとよい情報としては、やはり自分では気づいていなかった心の状態が判明することです。人によっては自分はストレスなどないから大丈夫だと思っていて、無理をして仕事をしている方も多くいます。このような方がストレスチェックを受けるとで自分の精神状態を確かめることができるので、ぜひチェックを一度受けることをおすすめします。

次にこのストレスチェックを工夫して利用することで得られるメリットについて説明をします。ストレスチェックを受けて実際ストレスが溜まっていることが判明した場合は今後の健康管理に注意をするようになります。自分の仕事の分量を制限して、余暇を楽しむことに目を向けるようになります。 またストレスチェックは一度受ければ終わりというわけではありません。その結果を継続的に観察していくことが重要です。よって結果の紙をすぐに捨ててしまうのではなく、きちんと保管をしておくことも必要です。そして新しくテストを受けた時は前回のテスト結果と見比べてみて、ストレスが改善されているか確認していくとよいでしょう。 以上のように少し工夫をすることで自分の体調をしっかり管理できるようになり、充実した日々を送ることが可能になります。